DSC_0518


 明けましておめでとうございます。所長の渡部です。本年も、どうぞよろしくお願いいたします。
 
 会津坂下農業普及所憲章(OUR Credo)は、当事務所運営の基本理念として、平成27年9月30日付けで制定したものです。これを事務所内正面に掲げ、日々の活動の指針としています(過去記事参照)。
 事務所を訪れる普及の諸先輩始め、多くの方から好評を得ていますが(たぶん?)、文字数が多すぎるとの苦言もいただいているところです(ちょっと欲張って、書き込みすぎたかも)。

 そこで、平成30年の年初に当たり、会津坂下農業普及所憲章2018( OUR Credo)を新たに策定いたしました。会津坂下農業普及所の今年の仕事始めのあいさつの中で、その内容について職員全員で確認し合ったところです。
 職員一人ひとりの個性を大切にしながらも、組織力(チーム力)を生かして、農業を通した地域振興に、今後とも尽力してまいります。
 


                 会津坂下農業普及所憲章2018(OUR Credo)

                                                     平成30年1月4日制定
 農業は、すべての産業の礎であると同時に、あらゆる職業を包括し、すべての産業の最先端に位置する産業です。
 私たちは、農業技術のプロ集団として、農業を志す人々を積極的に支援し、「良い農業のやり方(GAP)」の実践を通して、農業の持続的な発展と農村の振興を目指します。

1「良い農業のやり方(GAP)」の実践
 我々は、「再生産可能な農業」「環境に優しい農業」「人に優しい農業」「消費者に愛される農業」の4つの視点に立ち、「持続可能な農業」を推進していきます。

2 OUR PRIDE
 我々は、クリエートな業務を担っていることから、ジョブ・クラフティングを意識して、絶えずチャレンジの心を堅持し、新たな技術や革新的な企画の開発を進めます。

3 個人の能力を超えたチーム力を発揮
 我々は、個人の尊厳と多様性(ダイバーシティ)を尊重し、個人の能力向上とともに、個人の能力を超えるチーム力で業務を推進します。