P601
私たちの職場では、毎朝、早朝ミーティングを行っています。小池次長が進行役を務め、その日の各職員の活動予定を皆で確認し、職員からの連絡事項、所長からの一言と続き、最後に小池次長からの「本日も心にゆとりを持って、安全運転でお願いします」の言葉で締めて、「よろしくお願いします」と声かけあって終了します。わずか数分の時間ですが、私たちの職場にとって、とっても大切な時間です。

 実はこの早朝ミーティング、私が以前勤務していた安達農業普及所で行われていたものです。安達農業普及所は、二本松市内の福島県二本松合同庁舎内にありますが、二本松合同庁舎は、東日本大震災直後に避難所となり、一時避難者が生活していました。安達農業普及所は、庁舎管理者の立場にあることから、農業普及所としての本来業務の他に、避難所の運営を担っていました。そこで行われていたのが、毎日の申し送り事項の確認のための早朝ミーティングでした。安達農業普及所では、避難所が閉鎖された今でも、早朝ミーティングが行われています。

 会津坂下農業普及所では、来客等がいる場合を除いて、毎朝830分から早朝ミーティングを行っています。早朝ミーティング中にかかってくる電話への応対があり、既に現場対応に出かけている職員もいますが、気にせず行っています。早朝ミーティングは、合同庁舎等でワンフロアにいくつもの部所が共存している所では難しいでしょうが、私たちの職場のように、単独で執務室を構えている所では容易に実施可能です。いわば、弱小事務所の特権のようなものでしょうか。

 ところで、毎朝「所長からの一言」を話す立場としては、何を話そうか、毎朝の早朝ミーティング開催直前まで、話のネタ探しに四苦八苦している毎日です(笑)。